和漢医薬学の基礎と臨床の橋渡しを推進する

和漢医薬学会

国立遺伝学研究所より:国際ワークショップ、意見交換会開催のご案内

2018年2月22日 Categories: お知らせ

国立遺伝学研究所ABS学術対策チームよりのご案内です。

※国立遺伝学研究所ABS学術対策チームは、全国の大学等を対象として、名古屋議定書に対応した遺伝資源の取り扱いについての啓発活動や大学・研究機関向けの相談や意見徴集を行う対応窓口などの活動を行っています。

「国際ワークショップ:インドネシア遺伝資源の取得と利用~インドネシア遺伝資源に対するABS対応の実際について~」

日時 2018年3月5日(月)13:00~16:00

会場 TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター ホール4A

 

「名古屋議定書対応に向けた大学体制構築のための意見交換会~大学におけるABSへの取り組みと対応体制について~」

日時 2018年3月14日(水)13:00 ~16:00

会場 TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター ホール4A

 

「国際ワークショップ:韓国遺伝資源の取得とその利用~韓国遺伝資源に対するABS対応の実際~」

日時 2018年3月22日(木)13:00~16:00

会場 AP東京八重洲通り:13階ルームA

 

対象者は、すべて、動物・植物・微生物(遺伝資源/生物資源)を海外から取得して研究を行う学術機関に所属の研究者、研究支援者(産学連携、知財、研究推進、リスクマネジメント部署、URA等に所属の方)などです。

※詳細、参加申し込みについては、下記HPをご参照ください。

 【HP】idenshigen.jp