和漢医薬学の基礎と臨床の橋渡しを推進する

和漢医薬学会

概要

 

Ⅰ 学会発足まで

本学会の前身は「和漢薬シンポジウム」です。1967年に故山村雄一先生(元大阪大学総長)らを発起人として、第一回シンポジウムが富山県の立山連峰の中腹にある弥陀ケ原の山荘で開かれました。

それから17年の間、開催地を全国に移してシンポジウムが続けられ、会員数の増加と学問的基盤が整備されたとの判断の下に「和漢薬シンポジウム」は発展解消し、1984年に「和漢医薬学会」として発足いたしました。

Ⅱ 本学会の目的

本学会の目的は、和漢薬の資源、品質管理、作用機序、臨床研究などについて科学的視点から最新の知見を討議し、基礎と臨床の橋渡しをすることにあります。

この目的に沿って、学会誌の発行と学術大会の開催を通し、次のことを実践したいと考えています。

  1. 和漢薬を様々な形で研究の対象とする薬学者、医学者医師薬剤師などが一堂に会して情報交換すること。
  2. 漢方医学を始めとする伝統医学の体系を様々な形で研究する仲間が集い、情報交換すること。
  3. 要素還元論に立脚する自然科学と「複雑系・多成分系」の体系である伝統医薬学の融和を求めること。
  4. そして、新たな治療学を形成し、その成果を国民に還元すること。

Ⅲ 本学会で扱う研究領域

本学会で扱う研究領域を以下に示します。

これらの領域での、皆様の最新の成果を、学術大会や学会誌(Traditional & Kampo Medicine)に発表していただくことを願っております。

  1. 和漢薬資源に関する問題
  2. 和漢薬の品質管理法の開発
  3. 和漢薬による疾病の予防・治療の有効性の基礎・臨床研究による科学的評価
  4. 和漢薬の作用機序の解析とその評価方法
  5. 漢方薬による病態生理の調節作用(瘀血、腎虚、気虚等)
  6. 証、未病の現代科学的解釈
  7. 和漢薬の臨床評価法の開発
  8. 漢方薬の薬物動態の解析
  9. 新薬との併用による有効性と安全性の解析
  10. 新規漢方薬の創製
  11. 和漢薬研究を基盤とした創薬
  12. その他、和漢薬と関連した機能性食品や代替医療についての作用等

Ⅳ 理事長あいさつ

私は、2016年8月27日に開催された理事会で第十代理事長に選出されました。当学会は「和漢薬研究の伝統医学的、近代医学的並びに薬学的総合発展を図る」ことを目的として1984年に創立され、学術大会の開催、学会誌の刊行、市民公開講座等を通じた研究成果の国民への公開などを行ってきております。現在、超高齢化社会となった日本では、伝統医学の重要性が再認識されるとともに、その科学的エビデンスも求められています。このような環境の中、和漢医薬学に関わる研究をさらに充実させ、その成果を広く社会に還元するために、2015年7月1日に「一般社団法人 和漢医薬学会」となりました。しかし、これはゴールではなく、新たなスタートであります。

創立後、既に32年を経た和漢医薬学会ではありますが、一般社団法人として新たな形でスタートを切ったわけですが、現状では若手研究者の育成、理事・代議員選挙や理事会・代議員会の開催、学会誌「Traditional & Kampo Medicine」の学術的評価、会員及び国民への広報活動、学術大会の活性化、グローバル化する中での国内他関連学会との連携などの課題が山積しております。

これら問題を正面より受け止め、一歩ずつ前進しなければならないと考えております。しかし、私自身は微力ではあり、会員の先生方の協力なしで進むことは出来ません。ご支援、ご協力のほど、心よりお願い申し上げます。

 

和漢医薬学会理事長  柴原直利